早漏を治すための極意
2018.05.21 この記事は約340秒で読めます。

ソープで女性の裸に慣れて、早漏を軽減

彼女や妻など自分の愛しいパートナーとセックスをするとき、気をつけないといけない点として早漏を挙げる声があります。
これは、射精が通常よりも早く訪れる現象を指します。
そのため、お互いのボルテージが高まっていく段階でこれが起きると、せっかくの場がしらけてしまう恐れがあり、決して無視できない懸念事項です。

発生原因としては、経験が浅いこと、オナニーのし過ぎ、男性側の下半身が弱くて刺激の強さに対応できないこと、ストレスの蓄積で自律神経が乱れていることなどが挙げられます。
特に自律神経の乱れは、リラックスした状態で活発になる副交感神経にも影響を与えて、大きな疲労感を感じやすくなります。
これが交感神経を優位にさせて勃起の維持を妨げ早漏を引き起こしやすくなります。

しかし、この症状の回避は、専門医による治療に専念したとしても完全に治せるとは限りません。
また、専門医に相談することに抵抗があって行きたくないという男性もいるでしょう。
さらに、日々の生活を抜本的に見直す必要も出てくるため、安易な取り組みとはいっても。
そう簡単にできるわけでもありません。
よって、回避ではなく軽減を意識した対策を模索する方がかえって高い効果が見込めます。

その対策として、恥ずかしがる方もいるかもしれませんが、ソープを利用することをおすすめします。
これは、ヘルスといった他の性風俗の業種と異なり、フェラチオやパイズリ、シックスナインといった行為はもちろん、濃厚なサービスが受けられるのが特徴です。
そのため、もっとも女性の裸を見慣れて刺激に耐性をつけることができることに加えて、オナニーと違って本番の経験を積めるといったメリットがあります。
デメリットとしては、料金がヘルスよりも高いこと、避妊具はしっかりと使用した上であっても、性病に感染するリスクが多少なりともあること、といったものが挙げられます。
それでも、濃厚なサービスが満喫できる以上、ある程度目をつむるような気持ちは必要になってくるでしょう。

なお、もう一つ利用をする上で得られるメリットがあります。
それは、相手に対する気配りも自然と身につくことです。
そもそも、性風俗の業種の中でもソープはもっとも稼げる分野ですが、一日に相手する男性が相応にいることもあって、体力に負担が掛かりがちです。
よって、いくら料金を払ったお客さんといっても、その相手を務めるのはあくまで若い女の子であることを留意する必要があります。

もし、無理強いした場合、場の雰囲気が悪くなるばかりか出禁になる可能性もあります。
これでは、気持ち良く射精するために高い金を払って来たのに何の成果も得られないばかりかより自信喪失に繋がりかねません。
だから、無理しなくても大丈夫だよ、といったさりげない優しい一言をかけてあげたりして配慮をしてあげることが大事です。
もし、これが自然とできるようになれば、当初の目的である早漏の改善だけでなく、女性に対する扱い方のテクニックも上手くなり、パートナーとの本番時にも安心して臨めるようになるでしょう。

最後になりますが、ソープの利用頻度についてです。
これは、月1~2回くらいに留めるとよいでしょう。
理由としては、サービスを満喫し過ぎて料金がかさむような経済的な圧迫の防止があります。
また、女性の裸を見慣れるようになるにはある程度間を空けておき、あの快楽の時の感覚を忘れそうになったくらいに行くと、自分の勃ち具合とかも確認できるなどの方が効果が高く見込めるということです。

以上のことを踏まえて、ぜひお店に行く段取りを行きましょう。
ただ、行く前にあらかじめホームページなどで、在籍している子のプロフィールとイメージ動画などを確認して指名したいと思った子の目星を立てておくとよいでしょう。