早漏を治すための極意
2018.03.28 この記事は約340秒で読めます。

クリニックで早漏は診てもらえるのか

時間をかけて性行為を楽しみたくても、すぐに射精をしてしまう事に悩んでいる時には、クリニックで診察を受けてみる事を推奨します。
射精を我慢する力を身に付けるために、個人で努力を続けていても期待していたほどの成果を得られず、精神的なストレスを抱え込む事になりかねません。
クリニックであれば刺激に弱いと悩んでいる人のために、早漏を改善するための注射などを受ける事ができます。

ペニスに対してヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分を注射する事で、ペニスが刺激に強くなるために、性行為を長時間楽しめるようになると好評です。
注射された薬剤は時間をかけて体内に吸収されていくので、ずっと体内に残り続けてしまう心配もありません。
どれぐらい効果が得られる注射なのか、試しやすいところも評価されている点です。
早漏治療に手馴れているクリニックであれば、個人の状態に合わせてヒアルロン酸やコラーゲンを注射する量を、細かく調整してくれるところも信頼されています。

経口摂取型の早漏治療薬も開発されており、水と一緒に錠剤を飲むだけで簡単に早漏の状態を改善できるところが魅力です。
普段は我慢できなかった性的刺激にも強くなれるために、自分の股間に自信を持ちながらパートナーと性行為を楽しめるようになります。
服用してから1時間ほどで成分の血中濃度がピークに達して、効果は5時間ほど持続させる事が可能です。

完治を目指して早漏治療を続けるのであれば、半年から1年ほどの期間は病院に通う必要があると考えて、治療にかかる費用を計算してください。
早漏治療薬は保険は適応されないので、薬の購入費なども計算しておく事を推奨します。
ただ薬にだけ頼って早漏を治すのではなく、性的刺激に強くなるためのトレーニングなども重ねながら完治を目指す事も重要です。
医師に早漏の悩みを相談するのは恥ずかしいと感じてしまう人は、これまでに数多くの患者の早漏を治療してきた経験豊富な医師がいる医療機関を探してください。

早漏改善は保険適応?

早漏に効果を持つと言う医薬品をネットで購入する男性も多いかと思われますが、ネットで購入する医薬品は自己責任で使う事になります。
仮に、副作用が起きても自分が決めた事になるため、治療費などを請求する事が出来ません。
これに対して、送料を病院で治療するメリットは、専門医がしっかりと診断をしてくれる、医薬品の作用を検査を行って確認した上で処方して貰えるなどのメリットがあります。
さらに、治療を続ける事で早漏の症状を治す事が出来るわけです。
症状の改善が見込めればパートナーへ満足感を与える事が出来る、早漏に悩む事でプレッシャーが起きるわけですが、プレッシャーを感じずに済むなどのメリットに繋がって来ます。

病院での治療や診察、カウンセリング、医薬品の処方など、完治までの期間は個人差がありますが、1年前後の期間は通院する形になります。
通院の度に処方箋を受け取り、薬局で治療薬の購入なども必要になるので、費用がかかるわけですが、早漏改善における治療は基本的に自由診療で、病院側が費用を自由に決める事が出来、そして保険適応外になります。
全額負担をする事になるので経済的な負担も大きくなる、費用の支払いが難しいと感じる人も多いのではないでしょうか。
病気などの治療の場合には保険が適応するので負担率は下がるわけです。

保険適応外でも、費用負担を軽減する方法があります。これは確定申告を行って医療費控除を受ける方法です。
医療費控除は1年間の医療費の総額が10万円を超えた時、翌年の確定申告で医療費控除を受ければ所得税の一部を返して貰える税制です。
治療費は自分だけでなく家族全員の総額である事、市販薬や病院に通院する時の交通費なども計算に含める事が出来ます。